今日の花

しろつめくさ


白詰草(trifolium-repens) マメ科シャジクソウ属 耐寒性宿根草
吸蜜 花粉源

公園・河原などに咲いている。古くは梱包用に使われるために輸入された。詰め草と謂われる所以。
蜜は多く、朝から夕方までみつばちが訪れる。ハチミツにはこの花のみから採れる単花蜜というものがある。
花粉も多く、それは蜂児の食事となる。
赤花もあるが、そちらは花が大きいため、みつばちの吸蜜ができず花粉源のみ利用される。
ただし、adminの在住している市内では、花が小さくみつばちの吸蜜も見られる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です