今日の花

さくらのかがいみつせん(桜の花外蜜腺)

さくらのかがいみつせん(桜の花外蜜腺) (学名:Cerasus Mill.) バラ科サクラ亜科落葉広葉樹)

春に開花後、葉が芽生える頃に新芽の元から蜜腺を出す。主に蟻を呼び、葉を食害する昆虫から葉を守るために出ていると云われている。蜜の様なベタベタするものが出ており、舐めると甘い。みつばちも蜜を集めに来ます。

蜜源

埼玉県坂戸市 市民運動公園野外活動施設

葉の付け根にある丸いのが蜜腺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です